恭太の“暖簾に腕押し”

井上恭太の楽屋小話やプライベートなどを掲載!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やっと告知

10月の新派公演 “女の一生”



この公演期間中にイベントが二つほど……



やっと告知できます!!




10月10日(月)15:00~

アトリエ新派 朗読公演
“鶴八鶴次郎”


pl_ot111010_l.jpg


朗読公演と銘打っておりますが、朗読・芝居を織り交ぜ“鶴八鶴次郎”を上演致します。

私井上恭太は新内語りの鶴次郎を勤めさせていただきます。



そして更には!!


10月16日(日)15:00~

新派アトリエ公演
“女の一生”


pl_ot111016_l.jpg


このアトリエ公演の“女の一生”では、本来六幕あるうちの前半一・ニ・三幕のみの上演となります


このアトリエ公演では、本公演で風間杜夫さんが演じておられます栄二役を勤めさせていただきます


これから巡業、三越公演の合間を縫っての稽古です


私井上恭太

ワクワクしています!!



お時間ございましたら

是非とも三越劇場まで足をお運びくださいませ



よろしくお願いいたします

劇団新派 井上恭太
スポンサーサイト
  1. 2011/08/19(金) 18:30:00|
  2. 芝居の話
  3. | コメント:2
<<約二ヶ月…… | ホーム | 明日から……>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/10/13(木) 15:14:10 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

本日のアトリエ公演お疲れ様でした。拝見させていただきました。一幕目は少し皆芝居が大きいかなと感じましたが二幕、三幕と進むうち違和感は無くなりました。只野さんの学生服姿には驚きましたが三幕目のけいとの会話などはどっしり構えて受けて投げ返すというところが良かったと思えました。井上さんは元気なところが良かったですね。次男坊の栄二という雰囲気が出ていたと思います。ただ少し口跡が悪い部分があったかなとは思いました。もちろん井上さんご自身が一番理解されている点だと思っております。勝手な感想を並べました。どうかご容赦下さい。失礼しました。
  1. 2011/10/16(日) 21:26:07 |
  2. URL |
  3. 石頭堅朗 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。