恭太の“暖簾に腕押し”

井上恭太の楽屋小話やプライベートなどを掲載!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

St. Valentine's Day ~part 4~

St. Valentine's Day




……の翌日


2o11.2.15 pm2:oo







あの猫が気になった










猫の様子を見に行った










昨日別れたあの場所へ行った












その場でしばらく立ち止まる















すると……






微かに聴こえてくる







あの擦れた啼き声が………







あっ いたっ!!









あの猫は啼きながら僕を目指してやってくる













再会を喜ぶには危険な場所のため









向かいにある小さなへ神社へ







猫は例のごとくトコトコついて来る








比較的陽の当たる場所にしゃがみ込み








あらかじめ用意しておいた猫の缶詰を開けるや否や……







ハグハグ……ムシャムシャ……








食べる事に一生懸命になっている









よっぽどお腹が空いていたのだろう










脇目も振らず あっという間に平らげた











満足したのか




陽の当たる場所でゆっくりと横になり







コロンコロン転がりながら日向ぼっこ














この日は迷う事なく SOS のTEL










受話器越しに聞こえる声の主は









水谷八重子さん









前日のtwitterでの“飼い主捜し”を察知して下さり











“連れてらっしゃい” の嬉しい一言











状況説明をしたところで









改めて “連れておいで” の一言









稽古休みに確定申告の作業をしてらした



田口先輩が車で迎えに来てくれることに……











3,4o分待つ事になりました











その間に逃げてしまわないかと不安に思うも










猫は僕の周りをウロウロするに留まり











最終的にはこの形


201102151519000.jpg





こうして二人は寒さを凌ぎました










田口さんが到着し ドアをあけたところ











猫は車の方へ駆け寄る









すると…………









猫は勝手に車に乗ってしまった










こうして我々二人&猫を乗せた車は









八重子さん邸へ向け車は動き出した







スポンサーサイト
  1. 2011/02/23(水) 12:00:00|
  2. プライベート
  3. | コメント:0
<<St.Valentine'sDay ~part 5~ | ホーム | St.Valentine'sDay ~part 3~>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。